花壇 > 肥料の施し方

肥料の施し方について

花壇や鉢植えの植物を健康に育てるために必要なものに、肥料があります。

肥料は、ただやみくもに施すのではなく、与える時期を考え、目的にあった肥料を施すことが大切です。

肥料には大きく分けて2種類あり、化学的に合成された化成肥料と、油かすなど、自然のものが原料となっている有機質肥料があります。
また、固形になっているものや、液体タイプ、粉末タイプと、様々なものがあります。
一般に、固形の肥料は効果が長持ちする緩効性のものが多く、液体肥料は、速効性のものが多いです。

まず、植物の苗を花壇などに植える時に必要な肥料、元肥を施しましょう。
元肥とは、植物がしっかり土に根づくように根の生長を促す肥料です。
肥料効果が持続する、緩効性の化成肥料や有機質肥料を使います。

苗がしっかり根づいてきたら、追肥を施します。
追肥は、植物の生長に従って、不足した養分を補うための肥料です。
施すとすぐに効果が表れる速効性の肥料を使ってください。
速効性の肥料は、効果が10日前後と短いので、1、2週間に1回の割合で施してくださいね。

肥料の濃度が濃すぎたり、量が多すぎたりすると、「肥料やけ」といって根が障害を起こしてしまうことがあります。ひどい場合は根腐れして枯死してしまいますので、適当な時期に、適量を施すことが大切です。液体肥料の場合は、容器に薄め方が記されているので、濃すぎないように気をつけてくださいね。

また、植物によって、肥料がたくさん必要な植物と、それほど必要としない植物とあります。
なかなか難しいですが、植物の性質をよく把握してから施すようにしてくださいね。